Benzoin | 安息香

It is one of the raw materials for incense, and is read as "ANSOKUKOU".

It is the resin of a tall evergreen tree of the Egonaceae family found in Southeast Asia, including the Malay Peninsula. The name refers to the mass of yellow sap that exudes when the trunk is damaged.

The theory behind the name is that it was a "scent for resting the breath" and that it was "a scent used in the land of rest (Pakistan).

In food flavoring, it refers to benzoin, which is used in foods with a vanilla aroma.

Attributes: Resin
Place of origin: Middle East, Indonesia, Malaysia
Characteristics: Strong, sweet, vanilla-like aroma

Photo courtesy: OSAGAWA NISABUROU SHOTEN

----------------------------------------------------------------------------------------------

香原料の一つで、「あんそくこう」と読みます。

マレー半島などの東南アジアに産するエゴノキ科の常緑高木の樹脂です。幹を傷つけ、滲み出た黄色い樹液の塊を指します。

名称の説には「息を安ずる香り」であったこと、「安息国(パキスタン)で使用されていた香り」であったとされます。

食品香料ではバニラの香りのする食品に使用されるベンゾインのことです。

属性部位:樹脂
産地:タイ、インドネシア、マレーシア、中近東

香りの特徴:バニラのような甘ったるい強い香り

香原料写真提供:長川仁三郎商店