test

April 5th, 2020 初心者のための陶芸 陶芸の主な技法 Introduction Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eius...

もっと読む
香原料 — 安息香

香原料 — 安息香

 お香の原料の一つで、「あんそくこう」と読みます。 マレー半島などの東南アジアに産するエゴノキ科の常緑高木の樹脂です。幹を傷つけ、滲み出た黄色い樹液の塊を指します。 名称の説には「息を安ずる香り」であったこと、「安息国(パキスタン)で使用されていた香り」であったとされます。 食品香料ではバニラ...

もっと読む
春節|Lunar New Year

春節|Lunar New Year

Unlike Japan, many Asian countries still celebrate the Lunar New Year, and while researching the “Lunar New Year and Incense”, I found out that in ...

もっと読む
香十徳

香十徳

「香十徳」とは、11世紀の中国の詩人である黄庭堅が、香の効用を端的かつ優雅に表現した詩です。その後、日本では一休宗純が広めたと言われています。 1. 感格鬼神香を焚くことで感覚が研ぎ澄まされる。 2. 清淨心身香を焚くと心が洗われる。 3. 能除汚穢香を焚くことは心の穢れを取り除くことです。 ...

もっと読む
お香の日

お香の日

4 月 18 日はお香の日。 日本での最古のお香の記録は『日本書紀』にあり、「595 年 4 月、淡路島に沈香が漂着した」と記されています。「お香の日」は、全国薫物線香組合協議会が1992年に制定しました。その由来はというと、「香」という字には、「一十八日」の文字が隠れています。そのため、4 ...

もっと読む
六種の薫物(むくさのたきもの)

六種の薫物(むくさのたきもの)

源氏物語が書かれた平安時代(794年~1185年)を代表する香りです。現在に伝わる「日本の香り」として、おそらく最も古い記録が残っています。薫物」とは、香を焚き、その煙や香りを衣服や髪、部屋などに染み込ませることをいう。また、海外から輸入した粉末状の香原料を蜂蜜や梅肉と一緒に練り合わせた「練...

もっと読む
香原料 — 乳香

香原料 — 乳香

お香の原料の一つで、「にゅうこう」と読みます。 中近東に産するカンラン科ボスウェリア属の常緑高木の樹脂です。幹を傷つけ、滲み出して固まるゴム状の分泌物を指します。 滲み出した樹脂の色が透明から乳白色に変化し、その様相が乳房から滴る乳のように見えるため、乳香と名付けられたと言われています。 日...

もっと読む
香原料 — 甘松

香原料 — 甘松

お香の原料の一つで、「かんしょう」と読みます。 ヒマラヤや中国の山岳地帯にしか生えない高山植物、オミナエシ科の多年草の根や茎を乾燥させたものです。 新約聖書の中でマリアが、死を予感したイエスキリストのために高価で貴重な精油を買い求め、最後の晩餐の前にその精油をイエスの足に塗ったとされる記述が...

もっと読む
香原料 — 鬱金

香原料 — 鬱金

お香の原料の一つで、、「うこん」と読みます。 ショウガ科ウコン属の多年性の草木ウコンの根茎です。これは秋に花を咲かれる「秋うこん」のことです。混乱の多いウコン属は50種類ほどあります。英語名はカレー粉の原料としても身近な「ターメリック」です。 平安時代には五香の一つとして重要でした。 属性:...

もっと読む
香原料 — 貝香

香原料 — 貝香

お香の原料の一つで、「かいこう」と読みます。 アフリカ東海岸で採れる巻貝のフタを粉末にしたものです。 単独では芳香といいがたいが、他の香原料と組み合わせると全体の香りを引き立て、引き締め、安定させ、長持ちさせる役割を担っています。香原料というより保香剤とされます。 属性:貝殻生産地:アフリカ...

もっと読む
香原料 — 椨粉

香原料 — 椨粉

香原料の一つで、「たぶこ」と読みます。 クスノキ科タブノキ属の常緑高木、﨓の樹皮です。 樹皮を乾燥させて、皮を剥ぎ取り、粉末にします。加水すると粘性の強いノリ状となり、香原料の接着剤として機能します。 江戸時代中期より使用されているようです。 属性部位:樹皮産地:日本(南九州)、インドネシア...

もっと読む
香原料 — 龍脳

香原料 — 龍脳

お香の原料の一つで、「りゅうのう」と読みます。 フタバガキ科の常緑大高木で、龍脳が採取される龍脳樹は高さ 50m に達し、幹の直径が 1m 以上の大木で、樹心部の割れ目のような空間にできる無色透明な結晶を指します。 防虫・防腐効果に優れており、防虫香として使用されます。モスボックスなど防虫剤...

もっと読む
香原料 — 霍香

香原料 — 霍香

お香の原料の一つで、「かっこう」と読み、英語名は精油でも使用される「パチュリ・パチョリ」です。 シソ科の多年草カワミドリの茎や葉を乾燥させ使用します。精油の「パチュリ」より苦味が薄く、香りにクセがなく、お香の原料として他の香りを引き出す役割も果します。殺菌効果があり、漢方薬として胃薬や風邪薬...

もっと読む