香原料 — 乳香

お香の原料の一つで、「にゅうこう」と読みます。

中近東に産するカンラン科ボスウェリア属の常緑高木の樹脂です。幹を傷つけ、滲み出して固まるゴム状の分泌物を指します。

滲み出した樹脂の色が透明から乳白色に変化し、その様相が乳房から滴る乳のように見えるため、乳香と名付けられたと言われています。

日本では馴染みの薄い香原料ですが、西洋では古来より宗教儀式に用いられてきた伝統的な香りで、イエスキリストが生まれた時に東方の三博士が捧げた三つの贈り物の一つです。神聖な礼拝の象徴として、場を浄めるために教会のミサでも薫かれます。

英語名は「フランキンセンス」です。香水でもよく用いられる香料です。

属性:樹脂
生産地:アフリカ、中近東
香りの特徴:清涼感、優雅、奥行き

 

香原料写真提供:長川仁三郎商店

おすすめのアイテム:BAIKAKIKKARAKUYO

#香料 #香原料

Shop now

You can use this element to add a quote, content...