香十徳

「香十徳」とは、11世紀の中国の詩人である黄庭堅が、香の効用を端的かつ優雅に表現した詩です。その後、日本では一休宗純が広めたと言われています。

1. 感格鬼神
香を焚くことで感覚が研ぎ澄まされる。

2. 清淨心身
香を焚くと心が洗われる。

3. 能除汚穢
香を焚くことは心の穢れを取り除くことです。

4. 能覺睡眠 
香を焚くことで心を目覚めさせる。

5. 静中成友 
香を焚くことは静けさの中に安らぎをもたらす。

6. 塵裏偸閑
香を焚くことは、忙しい時にも心を和ませる。

7. 多而不厭 
香は多くても邪魔にならない。

8. 寡而為足 
香は少なくても十分に足りる。

9. 久蔵不朽 
香の効能に年月を経ても朽ません。

10. 常用無障 
香は常に用いても障りはない。

写真:梅薫堂

Shop now

You can use this element to add a quote, content...