歴史を紐解く

1000 年前のブレンドを体感。

古の日本に漂着した香原料は、日本の香りとして昇華し、
今、世界へと旅立つ。

香りを通じて、1000 年前の日本へ時空を超える。

 

「Bridge and Blend」は「A Scent World, that creates A Better Society」という理念のもと誕生しました。運営会社 Project Felicia の創業者は、多様な文化を香りでつなぎ、新たな価値「イノベーション」を生み出すことで、より良い世界を構想しています。

Bridge and Blend 初の自社製品は、1000 年前の日本のブレンドにインスパイアされたお香コレクション「Six in Sense」です。このプロジェクトは、おそらく歴史上最も古いレシピである1000 年前の調香の復活を目指すものです。クラウドファンディング KICKSTARTERで資金調達し、発売されました。

まさに1000 年の時を超えて、伝統と現代の架け橋となる SCENT OF JAPAN の再発見といえるでしょう。

2018 年、15 年以上の海外生活を経て日本に活動の拠点を移した創業者 Hiro の疑問「日本の香りって何だろう?」これが SCENT of JAPAN を探す旅の始まりでした!

このプロジェクトのアイデアは、Hiro が源氏物語を読み直しているときに、おそらく記録上最も古い香りの調合ではないかと気づいたことによります。その瞬間、彼女は「1000 年前はどんな香りだったのだろう」と思いを馳せずにはいられませんでした。

もし、タイムマシンがあったら... 1000 年前の日本の香りを聞いてみましょう!