Hanako に掲載

Hanako に掲載

(English follows) 本日発売の Hanako 1209号「優しい気持ちを作る、理想の部屋づくり。」に掲載されています。 沢山の「自分の心がほっとする、素敵な部屋づくり」アイデアの中に 1000 年前の調香レシピからインスピレーションを受け、現代風に生まれ変わったBridge ...

もっと読む
Lunar New Year | 春節

Lunar New Year | 春節

日本と異なり、アジアの多くの国々では今でも旧暦のお正月をお祝いしますが、旧正月とお香について調べていたら、日本でも沖縄では旧暦行事の一つとして大切にされているそうです。その伝統的儀式にはお香が重要な意味をもたらします。 「ヒラウコー」(「平御香」)と呼ばれる沖縄のお線香は、その形状からして私た...

もっと読む
The Day of Incense (Japan) | お香の日

お香の日

4月18日はお香の日。 日本での最古のお香のブレンドの記録は『日本書紀』にあり、「595年4月、淡路島に沈香が漂着した」と記されています。「お香の日」は、全国薫物線香組合協議会が1992年に制定しました。その由来はというと、「香」という字には、「一十八日」の文字が隠れています。そのため、4月...

もっと読む
Japan's Oldest Blend - MUKUSA NO TAKIMONO | 六種の薫物

日本最古のブレンド ー 六種の薫物(むくさのたきもの)

源氏物語が書かれた平安時代の香りです。恐らく、記録に残る最古の「日本の香り」として現在に伝わっています。 「薫物(たきもの)」とは香を薫いてその香烟(香をたく煙・その香り)を衣服、頭髪、部屋などにしみこませることをいいます。また、(海外から輸入された)種々の素材を粉末にした香原料をブレンドし...

もっと読む
Frankincense | 乳香

乳香

香原料の一つで、「にゅうこう」と読みます。 中近東のオリーブ科ボスウェリア属の常緑高木の樹脂のことです。ゴム状の分泌物で、幹が傷つくと固まり、にじみ出ます。 滲み出た樹脂の色が透明から乳白色に変化し、乳房から滴り落ちる乳のように見えることから乳香と名付けられたと言われています。 日本では乳香...

もっと読む
Spikenard | 甘松

甘松

香原料の一つで、「かんしょう」と読みます。 ヒマラヤ山脈と中国の山中にのみ生育するキハダ科の高山性多年草の根と茎を乾燥させたものです。 新約聖書には、死を予感したイエス・キリストのためにマリアが高価で貴重な精油を買い求め、最後の晩餐の前に足に注いだとされる記述があります。 ...

もっと読む
Turmeric | 鬱金

鬱金

香原料の一つで、「うこん」と読みます。 ショウガ科の多年草であるターメリックの根茎で、秋に花を咲かせる「秋ウコン」です。ウコン属は 50 種ほどあります。英名は「ターメリック」で、カレー粉の原料としてもおなじみです。 平安時代には五香の一つ「御香」として重要視されていました。 属性部位...

もっと読む
Cuddy Shell | 貝香

貝香

香原料の一つで、「かいこう」と読みます。 アフリカ東海岸で採れる法螺貝の蓋を粉末にしたものです。それ自体に香りはありませんが、他の香原料との組み合わせで、全体の香りを引き立て、引き締め、安定させ、長持ちさせる効果があります。香料というより、香りの保持剤と考えられています。 属性部位:...

もっと読む
Tabuko | 椨粉

椨粉

香原料の一つで、「たぶこ」と読みます。 クスノキ科タブノキ属の常緑高木、﨓の樹皮です。 樹皮を乾燥させて、皮を剥ぎ取り、粉末にします。加水すると粘性の強いノリ状となり、香原料の接着剤として機能します。 江戸時代中期より使用されているようです。 属性部位:樹皮 産地:日本(南九州)、インドネシア...

もっと読む
Borneol | 龍脳

龍脳

香原料の一つで、「りゅうのう」と読みます。 フタバガキ科の常緑大高木で、龍脳が採取される龍脳樹は高さ 50m に達し、幹の直径が 1m 以上の大木で、樹心部の割れ目のような空間にできる無色透明な結晶を指します。 防虫・防腐効果に優れており、防虫香として使用されます。モスボックスなど防虫剤の香り...

もっと読む
Patchouli Leaves | 霍香

霍香

香原料の一つで、「かっこう」と読み、英語名は精油でも使用される「パチュリ・パチョリ」です。 シソ科の多年草カワミドリの茎や葉を乾燥させ使用します。精油の「パチュリ」より苦味が薄く、香りにクセがなく、お香の原料として他の香りを引き出す役割も果します。殺菌効果があり、漢方薬として胃薬や風邪薬に使用...

もっと読む
Clove | 丁子

丁子

香原料の一つで、「ちょうじ」と読みます。 フトモモ科の常緑香木の花蕾で、花は多数の雄しべを持ち、強い芳香があります。名前の由来は、チョウジノキの開花直前の花蕾を乾燥させたもので、その釘に似た形状に模して丁字と呼ばれます。 代表的スパイスで料理にもよく使われる「クローブ」というとほとんどの方が...

もっと読む