日本最古のブレンド ー 六種の薫物(むくさのたきもの)

源氏物語が書かれた平安時代の香りです。恐らく、記録に残る最古の「日本の香り」として現在に伝わっています。

「薫物(たきもの)」とは香を薫いてその香烟(香をたく煙・その香り)を衣服、頭髪、部屋などにしみこませることをいいます。また、(海外から輸入された)種々の素材を粉末にした香原料をブレンドし、蜂蜜や梅の果肉などで練り合わせた「練香」そのものを指します。

奈良時代末期から平安時代にかけて上流社会で部屋の消臭のために実用化され、「空薫物 (そらだきもの) 」として流行しました。

平安貴族にとって教養や財力、感性の良さの表現として、基本となるレシピをもとに、香原料を微調整し、オリジナルの薫物を創作することでした。このように創作されてきた薫物の中から後世に伝えられた代表作が「六種の薫物」と呼ばれます。

六種の薫物は、「梅花(ばいか)」・「荷葉(かよう)」・「侍従(じじゅう)」・「菊花(きっか)」・「落葉(らくよう)」・「黒方(くろぼう)」の六種類の香りです。「源氏物語」には梅花、荷葉、侍従、方の四種が登場しています。

鎌倉時代末期に記されたとされる香道の起源・香趣を説いた伝書である「後伏見院宸翰薫物方(ごふしみいんしんかんたきものほう)」では、それらを四季になぞらえています。

平安時代末期の「薫集類抄」や室町時代初期の「むくさのたね」といった香の伝書には、これらの六種の薫物のレシピが掲載されており、同じ「黒方」のレシピをとってみても、そのブレンド方法や香料の種類、分量は作り手によって異なっています。

また、レシピどおりに薫物を作ったても、香原料の産地や収得時期、調合時の微妙なさじ加減や手順などによって薫物の香りは変わってしまいます。

そこは天然素材を扱う当時のお香ならでは。毎年、同じ生産者によって同じ畑で収穫される野菜も気候、水、土壌の状態で一定した味での生産は難しいとされます。料理と同じで、そこには香の創作者の感性と想像力が求められ、お香調合の奥深さ・趣深さです。