Ten Virtue of incense | 香十徳

The "Ten Virtue of Incense" is a poem that expresses the benefits of incense in a straightforward and elegant manner by Huang Tingjian who is poet in the 11th century in China. It is said that it was later popularized by Ikkyu Sojun in Japan.

1. 感格鬼神
Incense burning sharpens the senses and opens the mind to divinity.

2. 清淨心身 
Incense burning cleans the mind.

3. 能除汚穢 
Incense burning divests the mind of worldly impurities.

4. 能覺睡眠 
Incense burning wakes up the mind.

5. 静中成友 
Incense burning brings a sense of peace and tranquility.

6. 塵裏偸閑
Incense burning soothes the mind when it is busy.

7. 多而不厭 
One cannot burn too much incense.

8. 寡而為足 
A little incense is enough.

9. 久蔵不朽
Time has nothing to do with the efficacy of incense.

10. 常用無障 
Habitual use of incense causes no harm. 

Photo courtesy: Baikundo

----------------------------------------------------------------------------------------------

「香十徳」とは、11世紀の中国の詩人である黄庭堅が、香の効用を端的かつ優雅に表現した詩です。その後、日本では一休宗純が広めたと言われています。

1. 感格鬼神
香を焚くことで感覚が研ぎ澄まされる。

2. 清淨心身
香を焚くと心が洗われる。

3. 能除汚穢
香を焚くことは心の穢れを取り除くことです。

4. 能覺睡眠 
香を焚くことで心を目覚めさせる。

5. 静中成友 
香を焚くことは静けさの中に安らぎをもたらす。

6. 塵裏偸閑
香を焚くことは、忙しい時にも心を和ませる。

7. 多而不厭 
香は多くても邪魔にならない。

8. 寡而為足 
香は少なくても十分に足りる。

9. 久蔵不朽 
香の効能に年月を経ても朽ません。

10. 常用無障 
香は常に用いても障りはない。

写真:梅薫堂